時代物はあまり得意ではなかったが、ちょっとしたきっかけで読んでみると

意外にも食わず嫌いだったなあ…と思う。

歳のせいか…?

 

「蝉しぐれ」  藤沢周平

蝉しぐれ

少年期から青年期までの一人の若者の成長を描いている。
時代と運命に翻弄されながらも、自己を確立していく姿は、
時代を超えて共感を呼ぶ。

藤沢氏の文体は簡潔で無駄がないのに、情景や人物の表情まで
浮かんでくるから不思議。
気がついたらひたすら行間を読んでいた気がする。

短編集「橋ものがたり」も、読後が温かい。
どの時代も不条理で凄惨な事件があとを絶たないが、
普通に生きていれば、誰もがこの程度の人情は持ち合わせているものだと信じたい。

若い頃なら、ここまでしみじみと読まなかったかも。
 

本棚へ戻る 

inserted by FC2 system