豆蔵の豆知識

コレステロールと仲良くなる心得

よく言われることだが、悪玉コレステロールは別に悪人なわけではない。

コレステロールは脂質の一種で、ホルモンや細胞膜の原料になるなど、
健康にとって大切な役割をしている。
これを血液を通して運んでいるのが、
悪玉コレステロール・善玉コレステロールと言われているものだ。

簡単に言うと、
悪玉コレステロール(LDL)はコレステロールを運ぶだけ。
善玉コレステロール(HDL)は血管や体内の組織に残してきた
余分なコレステロールを集めて回収する役割もしている。

なので悪玉が増え過ぎると、運ばれてくるコレステロールも増えて、
善玉がこれを処理しきれなくなる。
コレステロールは脂質なので、血液に溶けず、
血管がつまったりしてしまうわけだ。

んでもって、血管がつまる場所が心臓近くだと狭心症や心筋梗塞、
脳の血管だと脳硬塞などを引き起こしてしまう。
怖いのである。

けど、コレステロールは薬ではなく、食生活でバリバリ改善できる。
善玉を増やし、悪玉を減らす食品をとればいいのだ。
いいのだけれど、ここで注意したいのは、
中には善玉と悪玉両方を減らしてしまう栄養素もあるということ。
また、コレステロールを抑えても中性脂肪や糖を増やしてしまう食品もある。
コレステロールも増やすけれど、他の大切な栄養素が含まれる食品もある。

要はバランスの問題なのだ。
どんな食品や栄養でも、偏って摂りすぎたり、摂らなさ過ぎたりはよくない。
ただ、普段の食生活でなるべく多く摂りたいもの、
できれば少なくしていきたいものを心がけておく、
…位でちょうどいいのかもれない。

だって、いくら家では魚や野菜中心で、
甘いものや油っこいものを控えていたって、
外食したり友人たちと集まっったりすれば、
そういうものも食べたいじゃん。

あ、でもね、特記しておきたいのは
普段の食生活をストイックにすると、体がそれに慣れてきて、
不思議と油っこいものや肉なんかを
あまり食べたいと思わなくなってくるヨ。

……違うか、単に歳とって濃いもの受け付けなくなってきただけ?
あー、でも歳とともに体がそうなってくるのって、
そう考えると、自然の摂理なのだね。

てなわけで、生活習慣病になりたくないみなさま、
たくさん摂りたい食品と、なるべく避けたい食品を、
心がけましょー。
結果としてダイエットにもつながるのだよ!

 健康の味方!食品と栄養素   豆蔵の簡単&おいしいレシピ

 

inserted by FC2 system